NPO法人IMAI研究所の今井です。

英語交渉術を磨くには、どうすれば良いでしょう?

そうですね!
やっぱり論理的思考を身につける事が必要です。ディベートという、思考を戦わせるゲームでは、1つの議題を肯定、否定に分かれて議論します。

両者の立場を理解し、説明出来なければ、負けてしまうゲームです。このような柔軟性のある思考を育てると・・・
1つの出来事を、色々な角度から見られるようになります。
面白い事に、対比した見方が出来ます。

人生を否定的に捉え、誰かに恨みを抱く事に捉えられてしまい、身動きが取れなくなっている方にお会いする事があります。
そんな思いの中にしかいられないなんて、どんなに辛い事でしょう。
そんな場合にも、論理的思考トレーニングをする事が何かを変えるきっかけになるかもしれません。

例えば、
1つの出来事に関して、2つの対比する思考を英語にして話す練習です。

悲しく辛い出来事にも意味があり、その事がきっかけで、次に幸運な事が続いたりすれば、辛かった事も素晴らしい事の一部に変わって見えたりもするんですよね〜。
アメリカでは、こんなゲームもあるんです。

Fortunately Unfortunately Game
1人の人が、Fortunately, ———-.幸運にもーーーーーと話し始め。
次の人が、Unfortunately,——–. 不運にもーーーーーと続け、どんどんお話を続けていきます。

皆さんも、今日1日、こんなゲームの発想で過ごしてみませんか?
英語コミュニケーション力も上がる事、間違い無し!!
参考までに、
Youtubeのお話を聴いて体感してみて下さい。