NPO法人IMAI研究所の今井です。

言語にはそれぞれ特徴があり、優先的に使われる周波数帯も違います。
英語の場合は、1000Hz以上の中周波音から4000Hz以上の高周波音を優先的に使うので、低周波音を多く拾う日本語耳で英語を聴いていると、聴き取りにくくなってしまいます。
高周波音に意識を傾けてフォーカスする事で、リスニング力をアップさせましょう。

まずは、この動画で高周波音、
【 s 】【 z 】【 ʤ 】【 ʃ 】【 t 】の練習をしましょう。
①高周波音にフォーカスして聴く
②高周波音を聴きながら出す。
圧縮した息をたっぷり使えるように、横隔膜に風船があるのをイメージして風船を小さくしてなかの空気を押し出すようにして出すのがコツです。

 

次にこの動画で、英文を使った練習をします。
私が、映画監督のジェームスキャメロン氏に、
友人の代筆で出したE-mailから抜粋した英文です。

英文から高周波音を聴き取り、発声してみましょう。
①耳だけを頼りに聴いてみましょう。
②文を見ながら一緒に言ってみましょう。
This book is written by Shu Kishida who is one of the greatest thinkers in Japan. (この本は、日本を代表する偉大な思想家の1人である岸田秀さんの著書です)